優しい顔の医者

今後について

信頼できる医師

誕生した歴史

東京都にはレーシックが出来る専門のクリニックが増えています。レーシック手術は最近普及してきていますが、日本でレーシックが誕生したのは今から15年前、2000年のことです。 それ以前にも100年以上前から角膜を切開して屈折を調整し、視力を回復させる手術は行われていました。しかし、レーザーを使って行うレーシック手術が誕生したのはつい近年のことで、1990年に世界で初めてギリシャで行われています。 日本では2000年に厚生労働省によって認可されたことがきっかけとなり、全国各地に普及しました。今ではレーシックの検査・カウンセリング・手術・アフターケア専門のクリニックも東京を中心に多く見かけるようになっています。

低価格で出来るレーシック

レーシック手術が誕生した当初は「失明するかもしれない」という恐怖から、手術をしたくても躊躇している人が沢山いました。しかし、今はインターネットを中心にレーシック手術の正しい知識が広がったおかげで、レーシックをすることに抵抗がない人が増えてきています。 手術費用の低価格化も、普及に拍車をかけています。昔ならレーシック手術は両目で50万円くらいはしたものですが、今は東京都にあるクリニックなら6万円くらいで手術ができます。しかも保証期間サービスがついていて、保証期間内に視力が元に戻ったら無料で再手術ができます。 東京でのレーシック手術の低価格化はクリニックの数が増えることによってますます加速していくものと思われます。