優しい顔の医者

進化する治療

病院を経営

レーシック治療の歴史

ここ数年で東京都内でもレーシックができる医療機関が増えてきました。レーシックは目が悪い人なら誰もが聞いたことがあるであろう言葉で、視力が低下している原因である角膜のレンズを操作して屈折を正常に戻す治療です。角膜の屈折を治せば視力が正常になるという考えかたは1800年代からありました。それが実際に実行されたのは1930年になってからで、当時はレーザーではなく、メスで切開して行われました。 1980年にアメリカでレーザーが誕生し、1990年にはレーザーを使ってのレーシック手術が実行されました。1995年にはアメリカでレーシックが認可され、日本でも2000年に認可されて東京を中心に普及するようになりました。

角膜も強化できる

東京都にあるレーシック治療ができるクリニックでは、最新鋭の技術で精度の高い手術ができます。術後のサポートもしっかりしてくれます。旧式のレーシックよりも最新レーシックのほうがわずかなレーザーエネルギーで効率的に施術ができ、目に負担がかからないようになっています。 また、基本的にレーシック治療をすると角膜の強度が低下すると言われていますが、新時代のレーシック治療では、視力回復と共に角膜を強靭化することが可能になっています。そのため、角膜の強度が低下して目に疾患が起こるリスクが少なくなりました。 東京にあるレーシッククリニックには実績豊富な眼科医と高度な設備が整っているので、安全に最新の治療ができます。