優しい顔の医者

視力回復

治療する

レーシックを受けられる条件

東京では、視力矯正ができるレーシック治療を受けられるクリニックが多くあります。このレーシックとは、角膜をレーザーで削って屈折率を矯正することで視力を改善する手術です。この手術は、日本では2000年から導入されているので比較的新しい手術といえます。この治療を行うことで、メガネやコンタクトレンズを使わなくてすむようになります。 レーシックは非常に便利ですが、施術を受けるにはいくつかの条件があります。まず一つ目が、目の角膜が健康であることです。たとえば、角膜が薄すぎる人、疾患がある人は手術を受けることができません。その他にも、視力が安定していなければ手術はけられません。たとえば、加齢によって老眼が進行中の方はレーシック手術は難しいです。

施術の大まかな流れ

東京には、たくさんのレーシックを受けられるクリニックがあります。ですが、ほとんどの方が初めて治療を受けることになります。 そこで、東京で治療を受ける際に不安にならないように、施術の大まかな手順をお教えします。まず、最初に点眼薬による麻酔を行います。これで、手術中に目に痛みを感じることがなくなります。次に、角膜上にフラップが元の位置に正確に戻るようにマーキングをします。その後、マイクロケラトームで角膜の表面を薄く削っていきます。薄く削られたフラップをめくってから、屈折の矯正を行うためにレーザーを照射していきます。そして、フラップを元の位置に戻して、あとは自然に接着するのを待つだけです。東京のクリニックでは、基本的に日帰りで手術できます。