優しい顔の医者

視力が蘇る

検査をする

老眼のレーシック

最近はレーシック手術が一般的に普及してきて、手術費用も安くなってきました。東京では数万円でレーシック手術ができる病院があります。また、最近は昔レーシック手術を受けた人が高齢になり、老眼を改善するためのレーシック手術を再度受けるケースが多くなっているそうです。 老眼のレーシック手術には老眼矯正レーシック、アキュフォーカスリング、モノビジョンレーシック、CKなどの4種類があります。リングを角膜に挿入する手術や、高周波で角膜を削る手術など、手術方法も年々進化しています。どんな手術をしているかは病院によって異なりますが、東京の大手の専門病院なら4種類すべてに対応しているので、手術の選択肢が広くなります。

手術前後の注意点

東京でレーシック手術を受けるときの注意点はいくつかあります。まず、病院選びを間違えないことです。ただ費用が安いから、東京の有名な病院だから、という安易な理由で選ぶのではなく、保証サービスがついているかや、アフターケアをしっかりしてくれるかどうかなども注目して選ぶべきです。 手術をする前にはレーシックの適応検査がありますが、検査の前はコンタクトレンズの装着を一定期間の間控える必要があります。期間はレンズの種類によって異なります。 手術は点眼麻酔で行われるので痛みはなく、時間は30分程度で終わります。手術が終わったら翌日と一か月後と三か月後に検診があります。定期検診をしっかり受けて手術の経過を診てもらうことが大事です。